YUAN誠品生活日本橋 開店2周年記念
税込5,000円以上購入でミニトートプレゼント

詳しくはこちら

ショッピングカート

カートは空です。

ショッピングを続ける

BLOG

中秋の名月に大切な人とお祝いをする素敵な台湾文化

  中秋の名月。台湾では中秋節と言います。2021年の台湾の中秋節は9月21日。今年は満月の日とちょうど重なるそうです。ますます素敵な予感。 台湾では、春節につづく伝統的な祝日で、月を眺めながら大切な人と語り合い、月餅を食べる習慣があります。 月餅は日本ではあまり馴染みありませんが、中秋節では必ず食べるお菓子なんです。 丸い形の月餅は、家族団らんや幸福の象徴となり、とてもおめでたい食べ物です。   台湾の中秋節ではこんなものを食べる習慣がある! 台湾の中秋節で食べる月餅にはどんな種類があるの?   この投稿をInstagramで見る Cindy’s Food + Travel 🌎(@chubbychinesegirleats)がシェアした投稿   台湾の中秋節に必ず食べるお菓子と言えば月餅ですね。   月餅は、地方によって食べられている種類が違うことも特徴の1つです。 そして、最近では少し珍しい月餅も作られているんです。   まずは、五仁チャーシューと呼ばれている月餅です。ピーナッツやゴマ、胡桃、アーモンド、ヒマワリの実など五種類の材料をよく炒めて、皮を剥ぎ、細かく刻み、砂糖を入れて作られたもので、中国古代には「仁、義、礼、志、信」五つの道徳があり「五仁」はちょうどその発音に近いことから、名づけられました。   一般的には、こしあん、蓮の実、もち米でつくられた雪の皮、果物と野菜などあらゆる種類の月餅がありますが、最近では、チョコレート、緑茶、アイスクリーム、クリームチーズまで登場し、様々な味を楽しまれているようです。   甘い月餅が好きではない方は、シーフードの月餅もあるそうですので、挑戦してみられても良いかもしれません。味は想像出来ませんね!     中秋節に焼肉を食べるってホント?     近頃では、中秋節の夜は月を見ながら家族や大切な人と自宅やその前の道端でバーベキューをすることも恒例行事なんだそうです。 このイベントの発祥は、なんと台湾のバーベキューソースの広告がきっかけ! 食べ方も日本とは少し違い、台湾のバーベキューは、食パンをトーストしてお肉を包んで食べたりもします。この食べ方は、サンドイッチやハンバーガーのようで美味しそう!! お肉を挟んで食べたら手軽に食べられるし、外でバーベキューするなら真似してみたいと思いました。 バーベキューのスタイルでも、こんな差があるなんて、ご近所の台湾と日本なのに、文化の違いが面白いですね。     子供の成長を祈願する食べもの   この投稿をInstagramで見る Heroの旅遊生活札記(@hero_01228)がシェアした投稿   もう1つ欠かせないのが、文旦です。文旦はあの皮が分厚く大きい柑橘類ですね! 台湾の文旦は日本のように丸いカタチではなく、洋ナシのようなカタチをしています。  文旦の果実を食べるまでは普通なのですが、食べた後の文旦の皮を帽子のようにかぶせる習慣があるのが台湾流。  子どもたちの健康と安全を願い行います。この習慣は文旦の台湾名「柚子」と子供を守るという意味の「佑子」の発音が似ていたことから、おこなわれるようになったそうです。   こうして見てみると、台湾は漢字文化の国ですが、発音が似ているもので遊んでみたり、そこから風習が誕生したりと、語呂合わせが好きな文化があるのかもしれませんね。  ...

からだまるごと綺麗になろう!残暑を乗り切る最強の台湾苦瓜(ゴーヤー)レシピ

日本では古くから沖縄で食べられてきた夏の野菜「ゴーヤー」 最近では日本全国どこでも買うことができるようになり、私たちにとっても夏はゴーヤー!となるほど身近な野菜になりましたね。 「ゴーヤー」なのか?「ゴーヤ」なのか?という説もありますが、読み方は一旦置いておいて、沖縄で呼ばれているようにココでは、ゴーヤーと呼ばせていただきます。今回は、そんな夏のお野菜「ゴーヤー」にスポットを当てて、阿原/YUAN(ユアン)の苦瓜シリーズと合わせてご紹介したいと思います。       肌美人になりたい。台湾では白い苦瓜(ゴーヤー)をよく食べる。     この投稿をInstagramで見る ペギーの台湾料理(@peggy_taiwancooking)がシェアした投稿     台湾と日本の沖縄県石垣島は距離にすると約320km。東京ー名古屋よりも近いんですね。そんなご近所さんの台湾も、もちろん苦瓜(ゴーヤー)の産地です。日本では緑色のゴーヤーを目にすることが多いのですが、台湾では白いゴーヤーも多く食べられています。 白いゴーヤーは緑のゴーヤーに比べて、水々しく苦みが少ないため、サラダやジュースで使われるそうです。生で食べる台湾のゴーヤー料理は栄養をたっぷりとからだ中に取り込めそうですね。       台湾の苦瓜(ゴーヤー)料理はレシピが日本と少し違う!     この投稿をInstagramで見る ペギーの台湾料理(@peggy_taiwancooking)がシェアした投稿   こちらは、ゴーヤーとアヒルの塩漬け卵で作った台湾のゴーヤーチャンプルの様なお料理です。普通の卵ではなく、アヒルの卵を使うのが台湾流! 塩加減がちょうどよく、お酒もすすむ一品だそうですよ。 日本でも台湾の専門店などでは、アヒルの塩漬け卵も手に入ります。   この投稿をInstagramで見る 吉川蘭(@ranyoshikawa)がシェアした投稿   家庭料理の「苦瓜排骨湯」ゴーヤとスペアリブのスープ。白い苦瓜を使われていますね。日本ではゴーヤーのスープはあまり見かけないように思いますが、台湾では薬膳料理としても人気があるそうです。スペアリブがトロトロになって美味しそうですね。ミンチ肉をゴーヤーに詰めたスープもあるようで、台湾では様々な苦瓜料理が楽しまれています。   1年を通して温暖な台湾では、朝粥文化など、からだにやさしいお料理を取り入れることで、体調を整え、身も心も整える習慣があります。からだまるごと綺麗になる台湾の苦瓜(ゴーヤー)レシピをぜひ試してみてください。   阿原/YUAN(ユアン)の苦瓜シリーズ   この投稿をInstagramで見る 阿原/YUAN(ユアン) 日本公式(@yuansoapjapan)がシェアした投稿   ユアンの苦瓜シリーズは、日本では石けん・スカルプシャンプー・ボディウォッシュの3種類で販売されています。   さっぱり派のスタッフは、この苦瓜シリーズが大好きで、すっきりとした香りと夏の火照った肌をしずめてくれるかのような清涼感、適度なうるおいが残る洗いあがりの肌すべりがたまらないそうです。   なぜなら、苦瓜には高密度のビタミンCとポリフェノールが含まれており、肌に弾力性や明るさ、うるおいを与えてくれるからです。そして、ユアンの苦瓜ソープは、軽やかなミントとレモングラスをプラスし、ボディウォッシュにはローズマリーを配合、スカルプシャンプーにはミントが入り、どれも太陽に満ち溢れ包まれるような心地よい香りとなっています。   まだまだ暑い日がつづきそうですが、台湾の最強苦瓜レシピとユアンの苦瓜シリーズで、台湾気分を味わいながら、前向きな気持ちで楽しく残暑を乗り切ってくださいね!

知ってほしい!日差しの強い夏にユアンのレモンシリーズがよい理由2

 この夏、新商品も登場!ユアンのレモンシリーズ!   さてここからは、阿原/YUAN(ユアン)のレモンシリーズを一挙にご紹介します。2021年夏。「レモンヘアクリーム」が新しく仲間入りしました。様々な商品と合わせてご覧ください。     洗頭水:日常で疲れた頭皮を健やかに!レモンスカルプシャンプー   最初にご紹介するのは、レモンスカルプシャンプー。頭皮は皮脂腺が多く汗をかきやすいので、ニオイや痒みが気になる方も多いのではないでしょうか。通勤やちょっとしたお買いもの、少しの時間でも日に当たりやすい部分でもありますね。ユアンのレモンスカルプシャンプーは清涼感のあるレモンの成分と多種類の天然ハーブがたっぷり入った贅沢なシャンプーです。頭皮を引きあげるようにマッサージしながらシャンプーをすることで、日常の疲れをほぐすと同時に血行をよくし、毛穴の中から洗浄し、髪を活き活きとした健やかな状態へ導きます。1日の汚れはその日のうちにキレイにし、素髪美人を目指しましょう。   美髪素:スカルプシャンプーと合わせて使ってほしい!新登場のレモンヘアクリーム   もぎたてのフレッシュな香りがたまらない阿原/YUAN(ユアン)のレモンヘアクリームがこの夏仲間入りしました。この香り、正直クセになります!! レモンの香りの正体はレモネンという成分で、リラックス効果があると言われています。 天然のレモンの成分が髪を紫外線から守り、さらに食物油と合わせることで、髪をコーティングし、UVカットに効果を発揮します。タオルドライをした後の濡れた髪にも、ドライヤーで乾かした後の髪にも、お好きなタイミングでお使いいただける洗い流さないトリートメント効果の高いヘアクリームです。   唇:リップをつけるたびにマスクの中がイイにおい!   マスクをしていると、唇のケアってつい怠りがちになってしまいますよね。しかしマスクの中もほうっておくと乾燥しています。マスクをはずした時に、よい印象を保つためにも、普段から小まめに唇のお手入れをしてみませんか?  阿原/YUAN(ユアン)のリップクリームには、天然のミツロウやココアバター、シアバターが配合され、なめらかで血色の良い唇に導きます。その中でもレモンリップクリームには、ブドウ種子油が含まれており、メラニン色素の生成を抑え美白効果があるので、唇に透明感を与えてくれます。そしてレモングラスやベルガモット果実油のすっきりとした香りが、リップをつけるたびにマスクの中にアロマ効果をもたらし、気分をリラックスさせてくれるんです。テクスチャーは少し固めですが、唇にのせるとオイルが体温ですぅーっとなじむ。夏にお使いいただくにぴったりのリップクリームです。   皂:清涼感のある心地よい洗いあがり。ユアンの王道人気のレモン石けん   最後にご紹介するのは、ユアンの大人気のレモン石けんです!太陽光をたっぷり浴びて実ったレモンの果実も皮も丸ごとつかい栄養を凝縮しています。また石けんにつかわれているオリーブオイルは、天然のビタミン、オレイン酸、ポリフェノールを豊富に含んでおり、美肌効果の高い新鮮なものを使用しています。日焼けした肌にもうるおいをあたえることによって、皮膚の水分、油分をバランスよく保ちます。 日焼けしたあと、べたつきが気になる季節に使っていただきたい石けんです。   レモンシリーズのご紹介はいかがでしたでしょうか?いよいよ本格的に夏本番。レモン生活でアツイ夏を爽快に乗り切りましょう!!  

知ってほしい!日差しの強い夏にユアンのレモンシリーズがよい理由1

紫外線の強い夏でも透明肌を守りたい!は永遠のテーマですよね。年々肌に当たる日差しが強くなり「光老化」も怖いキーワードとなっています。 そんな中で、少しでも日差しを浴びた肌への負担をやわらげ、夏のムシムシした季節に、爽やかな気分を楽しんでもらえる阿原/YUAN(ユアン)のレモンシリーズを一挙ご紹介したいと思います。 ユアンの商品を初めてご覧になる皆さんも、普段からつかっていただいている皆さんも、ぜひ参考にしてください。   ユアンのレモンシリーズに使われているレモンは台湾のオーガニックレモン 台湾レモンの特徴は?日本のレモンとどう違うの?   皆さんが日本で良く目にするレモンは、皮が黄色のレモンですね。日本では広島の瀬戸内レモンが有名で主にリスボンという品種が栽培されています。 Made in 台湾の阿原/YUAN(ユアン)の製品に使われているレモンは、台湾産のレモン。台湾のレモンは、黄緑色の皮が特徴で、皮が薄く果肉がとてもジューシーなんです。 日本の黄色いレモンが冬から5月ごろにかけて収穫されるのに対し、亜熱帯地域の台湾で育ったレモンは、南国フルーツと並んで6月~9月に収穫のピークを迎えます。 まさに今、台湾はレモンの季節です。 レモンシリーズを使う前にレモンの効能をおさらい!!   レモンには「夏に使いたくなる効能」がたくさんあるんです!!   レモンを代表する要素と言えば、ビタミンCにクエン酸。ビタミンCは、病原菌を撃退する作用があると言われており、免疫力低下の予防効果が期待できる栄養素です。クエン酸は、代謝を良くする作用や夏バテや疲労回復に役立つとされています。これらは果肉の中に多く含まれているのですが、レモンは皮にも栄養がたっぷり。皮にはポリフェノールが含まれており、抗酸化作用や脂肪の吸収を抑える効果があります。そして、レモンを夏に使いたい1番の理由は、この抗酸化作用は紫外線によるシミ・シワを防ぎ、肌細胞を酸化から守ってくれるため、夏に透明肌を守るためには必須の要素なんです!  疲れたときやちょっと肌の調子が気になるとき、いつまでも若々しく元気でいるために、レモンの効果を日常に取り入れたいですね!   台湾では、緑茶にレモンを入れて、レモンティーとして飲む習慣があるそうです。緑茶のカテキンと合わさってデトックス効果もあります!この夏はひと味ちがう緑茶レモンティーでリフレッシュしましょう。 ※上記は一般的なレモンの健康効果です。これより紹介するユアンのレモンシリーズがその効果をもつということではありません。